ZEHとは

ZEH(ゼッチ)とは

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス【ゼロ】にする住宅を目指します。

ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)の家

 断熱性能を高めて、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創り出すエネルギー量が多い住まい。 =ZEHの家

今から10数年後に段階的にこのZEHの家が義務化になるとの見通しです。各省庁が法整備や建築業全体の教育が着々と進んでおり、確実に業界内でもZEHに向けた仕様づくりが進んでおります。今から家づくりをお考えの皆様には是非知っておいてほしいことなのです。

ZEHの家を創るには??

断熱

断熱
国が定めた基準以上まで断熱性を向上させて、エネルギーロスが最小限になるような家にしましょう。少ないエネルギーで夏は涼しく、冬は暖かくなります。

省エネ

断熱
家で消費する電力量を極力減らす為に、
HEMS(ヘムス)や省エネルギー性能の高い機器を採用しましょう。
(エアコン・給湯器・LED照明等)

創エネ

創エネ
太陽光発電システムを搭載して、家で消費するエネルギーよりも多くの発電を行いましょう。
余った電気は電力会社に売電。環境と共にお財布にもやさしい太陽光発電。

生活エネルギーを「減らす」と「創る」で『0』にする

ZEHの家のメリットは?

 ランニングコストを抑えられます。

エネルギー消費量が正味ゼロになるといううことは、光熱費も正味ゼロにできる可能性があるということです。
また太陽光発電により電力を売った分更にお得になります。

ZEH仕様には補助金があります。

補助金額 定額125万円    蓄電池 5万円/2.1kW
(上限:補助対象経費の1/3または50万円のいずれか低い金額)

 

住環境の改善によって喘息やアトピー性皮膚炎の改善がみられたり、現在交通事故より死亡者の多い、室内でのヒートショックによる死亡事故や、心疾患などの防止に効果があると実証されています。

2020年までにZEHシリーズ受託率50%以上を目指します。

2017年
(平成29年度)
2018年
(平成30年度)
2019年
(平成31年度)
2020年
(平成32年度)


ZEH目標

新築注文住宅 10% 20% 30% 50%
リフォーム 5% 10% 10% 10%
Nearly ZEH目標 新築注文住宅 5% 5% 5% 5%
合計 20% 35% 45% 65%

 

ページの先頭へ