住宅瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保責任保険について

JIOとは「日本住宅保証検査機構」のことで、新築住宅を購入する消費者を守る保険で、その中でいくつかある住宅保険の中で、長崎の永石建設はJIOを採用しています。

瑕疵担保履行法(かしたんぽりこうほう)とは?

住宅あんしん事業者証

平成21年10月より、住宅瑕疵担保履行法がスタートしました。

この法律は、新築住宅を供給する事業者に対して、瑕疵の補修等が確実に行われるよう、保険や供託を義務付けたもの。

また、「瑕疵を補修する責任のある業者が倒産しても購入者が補修費用等を負担しないですむ」というものです。

事業者の瑕疵担保責任として

「住宅品質確保法」では新築住宅の買主や発注者の保護のために、売主または請負人に対して、住宅のうち特に重要な部分について10年間の瑕疵担保責任を義務付けています。

瑕疵担保責任の履行を確保するために

この法律は、事業者が瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険加入か供託)を義務づけています。
これによって、消費者が安心して新築を購入できるようになります。

住宅瑕疵担保責任保険

保険契約者・被保険者

新築住宅を供給する建設業者および宅地建物取引業者を対象とします。

住宅瑕疵担保責任保険

※鉄骨鉄筋コンクリート造の場合、屋根版・壁材・床材・排水管・基礎・基礎杭が保険対象となります。
※台風・豪雨・洪水等の自然現象、火災・落雷等の場合は保険金をお支払い出来ません。

保険期間 : 原則10年間 (戸建住宅および賃貸共同住宅)

ページの先頭へ