さつまいも・美肌・風邪|長崎県 永石建設

さつまいも・美肌・風邪|長崎県 永石建設

こんにちは。

今朝は、冷えましたねえ~(>_<)いよいよ 冬到来ですね。

今日は、今が旬のさつまいも注目してみようと思います。さつまいも

保育園や幼稚園のお芋ほりで、家で出番を待っているさつまいもには

驚きの効果や栄養があるんですよ。知っていましたか?

栄養面で見ると、ビタミンCとカルシウムが多く含まれているのが特徴です。

ビタミンCは100g中30mgと、夏みかんと同等と豊富に含まれています

また、カルシウムは100g中32mgと、野菜の中では多く含まれているほうです。

黄色で甘くホクホクした味わいの金時(さつまいもの品種)には、カロチン豊富に含有されています

また、さつまいもはセルロース(食物繊維)の多いことも特徴のひとつです。

さつまいもは、便秘に効果を発揮します。 セルロースが腸を刺激して働きを活性化にさせるとともに、ヤラピンという緩下成分が、便の排泄を促進させるからです。

黄色種のさつまいもに含まれるカロチンは、体内でビタミンAに変わり、夜盲症の予防や視力の低下を防ぐのに効果があります。

ビタミンCも多く含んでいるので、常食すれば美容効果にも期待できます。

ビタミンCは、メラニン色素の沈着を抑え、シミやソバカスを防ぎ、肌をなめらかにしてくれます。

かぜの予防にもさつまいもは有効です。inhuruenza07 ビタミンCは白血球の免疫力を高め、かぜにかかりにくくする働きがあります。

また、血液中のコレステロールを減少させる効果もあるので、動脈硬化が心配な中高年の人にもお勧めできる食材です。

なお、さつまいもを食べすぎると胸やけがすることがありますが、これはでんぷんが多く含まれているからで、その場合は、マーガリンを塗って食べるとか、あとで大根おろしを別に食べるとよいでしょう。

・・・と、長くなりましたが さつまいもには こんなにたくさんイイ事があったんですね。

食べないと損ですよ(*^_^*)

ページの先頭へ